無料宅配キット申込はこちら
無料宅配キット申込はこちら
  • 無料宅配キットのお申し込み
  • スマホで簡単!LINE査定
  • スーツケースの買取査定について
  • Drスーツケースについて

買取強化中!スーツケースブランド別買取基準価格例

RIMOWA(リモワ)

TUMI(トゥミ)

ZERO HALLIBURTON(ゼロハリバートン)

※ 上記買取金額は、あくまで参考価格となります。商品の程度や時期によって実際の買取価格と異なる場合 がございますので、必ず査定してください。

スーツケース最新買取実績

私たちはDr.スーツケースは、どこよりもスーツケースの買取に自信があります!
安心してご利用ください!
わたしたち「Dr.スーツケース」はスーツケースの買取に自信があります。 国内外の有名人気ブランドなど、あらゆるスーツケースの買取もお任せ下さい。 あなたのこだわりの一品を、スーツケースを愛する当店専門スタッフが、1点1点丁寧に査定させて頂きます。 買取専門スタッフが、あなたの一品を大切に買取いたします。 スーツケースの買取、売却のご相談は、「Dr.スーツケース」にお任せ下さい。
無料で簡単!!Dr.スーツケースの買取システム
Dr.スーツケースがスーツケースの愛好家のお客様に選ばれる4つの理由
Dr.スーツケースはスーツケースの買取販売実績日本一を目指します!
買取専門スタッフによる丁寧な査定!
送料・査定料・振込手数料全て無料
業者買取も大歓迎
買取依頼が初めての方でも安心です
スーツケースの買取に関することならどんなこと でも結構です。専門スタッフが親切丁寧に対応致します!
まずはお気軽にお問合せください。
受付時間 10:00~17:00(土・日・祝 定休)
メールでのお問合わせはこちら 無料で簡単査定 無料宅配キットはこちら

買取強化ブランド

RIMOWA(リモワ)

RIMOWA(リモワ)のスーツケースはスタイリッシュで特徴的なデザインのドイツ生まれスーツケースです。
リモワと言えば誰もが思い浮かべる「縦に溝のリブ加工による凹凸」「メタリックな質感」は、高級感を与えるステイタスシンボルとなっています。
いまや世界三大ブランドのスーツケースの一つともいわれるほどの人気ぶり。
世界中のビジネスマンやセレブから絶大な支持をあつめ、映画やドラマによくでてくるので知名度において誰も知らない人はいないと言っても過言ではありません。

RIMOWA(リモワ)はポール・モルシェック氏が1898年に創業と100年以上の歴史を誇る老舗。ドイツ・ケルンが発祥の地です。 この伝統にあぐらをかかず、常にパイオニア精神であたらしいチャレンジをすることも人気の理由だといえます。

例えばRIMOWA(リモワ)の2代目の社長はドイツの伝説航空機でもある世界初の全金属製旅客機の外装から着想して、 世に有名なアルミ合金スーツケース(ジュラルミンスーツケース)を考案。

次代の3代目社長は世界ではじめてポリカーボネート採用のスーツケースを開発。ハイテク素材でのスーツケースの先駆けとなりました。

RIMOWA(リモワ)はこの「ジュラルミンモデル」と「ポリカーボネートモデル」の2種類が人気の双璧と言えます。

「ジュラルミンモデル」は「カッコイイ」「ステイタス」「持っているだけですごい」などの点から人気があり「ポリカーボネートモデル」は「軽量なのに丈夫」「傷がついても目立たない」「ジュラルミンよりも安価」という点で人気を集めています。
まだ両モデルともに「性能がいいキャスター」は人気です。

高級ブランドである「RIMOWA(リモワ)」はキャスター交換が可能であることに加えて旧型リモワにTSAロックを搭載する業者の存在などもあり長く使い続けることができるというのもありがたいことです。

RIMOWA(リモワ)を代表するモデルには下記のブランドがあります。

トパーズ:TOPAS
トパーズプレミアム:TOPAS PREMIUM
クラシックフライト:CLASSIC FLIGHT
サルサ:SALSA
サルサデラックス:SALSA DELUXE
サルサエアー:SALSA AIR
ボレロ:BOLERO
タンゴ:TANGO
タンゴライト:TANGO LIGHT
リンボ:LIMBO
サンバ:SAMBA

ゼロハリバートン(Zero Halliburton)
スーツケースやアタッシェケースを買おうと思った際にまず頭に浮かぶのがゼロハリバートンではないでしょうか。美しいアルミニウムで作られたゼロハリはスーツケース売場で異彩ともいえる輝きを放っています。見るからに「本格的」「頑丈」なイメージですが、それでいて洗練された機能美を兼ね備えています。今回はゼロハリバートンがどんなブランドなのかご紹介します。

1. ゼロハリバートンの創業
ゼロハリバートンは1938年、アール・P・ハリバートンにより創業され、アメリカのカリフォルニア州にハリバートンケース社を設立します。その後鞄の製造会社であるゼロ・コーポレーションの傘下入りし、ゼロハリバートンとなります。

2. アポロ計画で一躍有名に。
ゼロハリバートンが一躍有名になったのは1969年のアポロ計画の際、月の石を採集するケースとして使われたことです。 これはアメリカ航空宇宙局(NASA)が製造を依頼したもので「月面採取標本格納器」と呼ばれました。驚くべきことにこの時のモデルは特別に製作したものではなく、市販されているケースの内側を改造しただけのものでした。

3. ゼロハリバートンの特徴
ゼロハリバートンといえばアルミです。見るからに堅牢そうなアルミケースは誰もの目を引きます。また、側面の上下に入っているプレスライン、ダブルリブもゼロハリバートンならではの特徴です。これはデザイン性もさることながら、外装の強度を高めるために施されているものです。近年ではアルミニウムだけでなく、ポリカーボネートやナイロン素材も取り入れ、素材の幅を広げています。
2013年からはダブルリブを進化させた「Xリブ」を施したよりハードなデザインのZR-Geo2 シリーズを展開しています。

4.製品への自信
ゼロハリバートンは丈夫なことで定評がありますが、もしも壊れてしまった場合修理が可能です。アルミ製品の場合、10年間無償で修理をしてくれます。これは長い保証期間ですね。製品に対する自信と自負を感じさせます。

5.ゼロハリバートンは日本の会社?
ゼロハリバートンの日本正規代理店はカバンメーカーのエース株式会社でしたが、エース株式会社は2006年にゼロハリバートンの全世界における商標と販売権を買収しました。つまりゼロハリバートンは事実上日本企業のエース株式会社の傘下にあります。ちょっと驚きの情報ですね。

6.映画に登場するゼロハリバートン
古くはマレーネデートリッヒが使っていたことでも有名ですが、映画にもよく登場しています。ミッションインポッシブルシリーズや、インディペンデンスデイ、トータルリコールなどの映画にも使われています。
2016年にはプロサッカー選手のロナウジーニョがブランドアンバサダーにもなりました。

TUMI(トゥミ)

トゥミ(TUMI)といえばまず思い浮かべるのがナイロン(オリジナル素材「FXTバリスティックナイロン」)を使ったビジネスバッグ。 その路線を引き継ぎながらも旅行者にとって使い勝手の良いスーツケースを作っているブランドです。
その創立は1975年。アメリカのサウスプレーンフィールド(ニュージャージー州)に拠点を構えている。

まず特徴としてあげられるオリジナル素材「FXTバリスティックナイロン」とは
超高密度ナイロンに特殊なコーティングを施したオリジナルのナイロン素材。「バリスティックナイロン」はアメリカ軍の防弾チョッキ等でも利用されていたそうです。
現在ではさらに改良を重ねた「フュージョンZナイロン」を素材として使っているモデルもあります。

トゥミ(TUMI)の商品の中でリュックは人気があります。 特に自転車通勤をしている方にはおすすめ。 ビジネスバックではPC(パソコン)収納可能なモデルも多く リュックだけではなく3Wayタイプになるバックも使い勝手がいいと評判です。

トゥミ(TUMI)のレディース向けは、実用性の観点から人気を集めています。
普通のレディースバッグだとペットボトルを入れたりするのも一苦労ですがトゥミ(TUMI)のレディース向けラインナップはこのあたりもばっちりです。

その他のブランド

グローブトロッター(GLOBE-TROTTER)
グローブトロッターは1897年にディビッド・ネルケンがイギリスで立ち上げたブランドです。英国王室御用達のスーツケースとしても有名です。 スーツケースの素材は驚くべきことに紙でできています。特殊な紙を何枚も重ねてコーティングしたヴァルカンファイバーという素材を使用しています。すべて職人によるハンドメイドなのも老舗らしさを感じさせます。 スーツケースの種類は、シンプルなデザインのオリジナル、レザーストラップをあしらったセンテナリー、アイボリーホワイトにナチュラルレザーをつかったサファリ、ブルーが美しいクルーズ、アジアンテイストを出すために漆で仕上げたオリエントなどがあります。 古くはウィンストン・チャーチル、エリザベス女王も使っていましたし、エマ・ワトソン、キャメロン・ディアスなどセレブ御用達ブランドとしても人気です。 グローブトロッターではビスポークといって180億通り以上のデザインで自分好みのオーダーをし、自分だけの世界にたった一つのスーツケースをつくることができます。ビスポークができるのはロンドンの本店と日本の銀座旗艦店のみです。

クラッシュバゲージ(CRASH BAGGAGE)
最近大注目のクラッシュバゲージはイタリアのベネツィア出身のフランチェスコ・パヴィアによるデザインのスーツケースです。 初めからボコボコにデザインされているクラッシュバゲージの名前の由来は「クラッシュ」つまりダメージを受けてしまってできた「へこみ」をデザインとして取り入れています。いわば初めから汚れや破れ加工をしてあるダメージジーンズのようなイメージです。すでにへこみがあるので多少へこんでも気にならず、使い込んだへこみはむしろ自分だけのオリジナルの味になっていきます。 素材はポリカーボネイトを使用しており、軽量で耐久性に優れています。サイズはSMLの3種類用意されており、カラーバリエーションも豊富です。また4つの可動式ホイールを搭載しているので縦横ななめに自由自在に動かせるのも特徴です。

アメリカンツーリスター(American Tourister)
1933年にその名の通りアメリカでソル・コフラーによって創業されたブランドです。現在はスーツケースでNo.1のシェアを誇るサムソナイトの傘下にあり、旅行鞄市場においてサムソナイトについて世界第2の市場シェアです。 アメリカンツーリスターの特徴は、基本的なスーツケースでありながらカラーとデザインのバリエーションが豊富なことです。また、ディズニーや妖怪ウォッチなどアニメとのコラボレーションモデルも発売しており、POPなデザインが多いのも人気の秘密です。また、サムソナイト傘下でありながら、サムソナイトよりもお手頃な価格なので手が届きやすいのもうれしいポイントです。

ルイ・ヴィトン(Louis Vuitton)
言わずと知れたルイ・ヴィトンですがもともとは旅行用トランクから発祥したブランドです。1854年、フランス・パリで創業されました。 モノグラム、ダミエ、エピ、タイガなどのバリエーション豊富なデザインや、ヴェルニ、グラフィティなど斬新でPOPなデザインの両方を兼ね備えた稀有なブランドです。 ルイ・ヴィトンは堅牢なトランクももちろん有名ですが、街でよく見かけるのはトロリーシリーズのソフトタイプ、ぺガス・レジェールが多いですね。またおなじトロリーでもホライゾンは4輪トロリーになっているため、さらに持ち運びやすくなっています。
スーツケース買取専門店「Dr.スーツケース」について
わたしたち「Dr.スーツケース」は高級スーツケースの買取に自信があります。 リモワ、TUMI、ゼロハリバートンなど国内外の有名人気ブランドのあらゆるスーツケースの買取をお任せ下さい。TSAロックの付いていないスーツケースでも大丈夫です。 あなたのこだわりの一品を、旅を愛する当店専門スタッフが、1点1点丁寧に査定させて頂きます。買取専門スタッフが、あなたの一品を大切に買取いたします。スーツケースの買取、売却のご相談は、「Dr.スーツケース」にお任せ下さい。
無料宅配キットはこちら
ヘルメット無料査定はこち